Top >  事故とケガの応急処置の仕方 >  事故とケガでのQ&A

事故とケガでのQ&A

Q:とげが刺さってしまった場合、どうすえばいいですか?


A:傷口からとげの先が見えていたら、

  消毒したピンセットで抜きます。


  抜いたあとは、消毒液で消毒してから

  絆創膏を貼っておきましょう。


  とげが抜けにくい場合は、

  無理しないで病院に行きましょう。


Q:ハムスターに噛まれたら、病院で見せた方がいいですか?


A:動物の口には、雑菌がたくさんいます。


  噛まれた場所をよく水で洗い、

  消毒しておきましょう。


  その後に、病院などに診せに行きましょう。


Q:虫に刺されてしまいました。


A:赤ちゃんに皮膚は柔らかいので、

  刺された部分が赤く腫れあがります。


  蚊やダニなどでしたら、

  虫刺され用の薬などを塗ってあげましょう。


  また、病院に診せに行けば

  虫刺され用の薬も処方してくれます。


  ハチなどの場合、危険なので

  すぐに病院に見せに行きましょう。


  大人でも痒いので、

  赤ちゃんももちろん痒いですよね。

  なるべくかかせないように、気を付けましょう。


Q:すり傷などの手当は、どうしたら良いでしょうか?


A:水道水でよく洗い、消毒をしておきましょう。


  痛がらなければ、そのまま皮膚を乾燥させておきます。


  かさぶたになった時、

  それを無理に剥がすようなことはしないように。。。


  変に絆創膏などを貼ってしまうと、

  膿んでしまう子もいます。


  また、傷口が絆創膏にくっついてしまい、

  はがす時に痛いですね。


  そのまま、自然にしておくことが一番良いでしょう。

         

事故とケガの応急処置の仕方

赤ちゃんは成長するにつれて、
事故やケガがつきもの。
歩けるようになるまで、ケガもたえません。

そんな時の処置の仕方を、紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


赤ちゃんの事故とケガ
頭を打った
誤飲・誤食・のどにつまった
やけどをした
日射病・熱射病
おぼれてしまった
鼻・耳・目に異物が入った
ひじが抜けた・骨折・ねんざ
事故とケガでのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録