Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種を受ける(勧奨接種)

予防接種を受ける(勧奨接種)

・BCG(結核)


接種方法は、ワクチンをつけた針のついたスタンプを

2ヵ所につけます。

よく、ハンコ注射などと呼ばれています。


副反応で、まれに脇の下のリンパ節が腫れたりただれたりします。

副反応が出た場合は、医師にすぐ相談しましょう。


・ポリオ(小児マヒ)


接種方法は、生ワクチンを直接スポイトで口の中に投与します。

1度では免疫がつかないため、6週間以上あけてもう1度接種します。


副反応で、450万人に1人の割合でマヒを生じることがあります。

ポリオは、集団接種になりますので

各自治体からお知らせがあると思います。


・DPT(三種混合)、DT(二種混合)


D=ジフテリア、P=百日せき、T=破傷風

という意味です。


接種方法は、1期として生後3ヵ月から

3ー8週間おきに3回接種します。


その後、1ー1年半後に追加で1回接種します。

全部で、4回接種することになります。


2期では、二種混合として11ー12歳のころに1回接種します。

大人になるまでに、計5回接種することになりますね。


副反応は、注射した場所が赤くなったり腫れたりします。

初回の接種後から7日目までに1割、

3回目までに4割の子に副反応が出ます。


・MRワクチン(二種混合)


麻疹(はしか)、風疹の予防接種になります。


弱毒性の生ワクチンを、注射によって接種します。

1期として、生後12ヵ月以上ー24ヵ月未満の間に1回接種します。

2期は、二種混合として小学校就学前の1年の間に1回接種します。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録