Top >  症状別の対処法 >  便秘

便秘

便秘の場合、機嫌が良くて元気があれば

問題ありません。


また、食欲も落ちることなくあれば大丈夫でしょう。


便秘の場合、

綿棒で刺激してあげるといいでしょう。


綿棒の先端にベビーオイルなどをつけます。

肛門に1ー2センチほど綿棒を入れて、

刺激してから様子を見ましょう。


それでもウンチが出ない場合は、

浣腸をしてあげましょう。


乳幼児用の浣腸がありますので、

挑戦してみてはどうでしょうか。


薬を入れたら、しばらく肛門をおさえて様子を見ましょう。


ミルクや母乳だけの赤ちゃんの場合、

果汁を与えてもいいでしょう。


りんごやみかんなど、果汁を与えると

便が出やすくなるといいます。


排便間隔は長いけど、

定期的にウンチが出ていれば大丈夫です。


ですが、苦しそうにいきんでいたりしたら

診てもらいましょう。


また、お腹が張ってきたときも病院へ行きましょう。


それ以外にも、食欲が落ちてきてしまっている場合や、

機嫌が悪い時には、受診することをおススメします。


便秘のせいで、肛門が切れてしまっても同じです。


うちの息子も、たまに便秘気味になることがあります。


お腹を撫でてあげたり、

綿棒で刺激するとけっこう簡単に出たりします。


ただ、綿棒での刺激はやりすぎに注意しましょうね!!

         

症状別の対処法

赤ちゃんに出やすい症状と
その対処法などをあげてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

このカテゴリ内の記事


熱が出てしまった
咳をしている
鼻水、鼻づまりの
吐いてしまった
下痢をしている
便秘
ウンチの様子
ひきつけを起こしてしまった
発疹が出てきた
目や耳の異常







Yahoo!ブックマークに登録