Top >  症状別の対処法 >  目や耳の異常

目や耳の異常

結膜炎や中耳炎など、赤ちゃんは

目や耳の病気にかかりやすいです。


なるべくなら、早めに気付いて

対処してあげたいですよね。


おかしいなと思ったら、

すぐに受診しましょう。


目が充血していて、目やにが多い時は

すぐ見てもらいましょう。


また、生後まもなくから涙目になってて

目やにが多い場合も同じです。


異常に耳を触っていたり、

かいていたら受診しましょう。


耳アカの量が多く、取れない場合も

見せに行きましょう。


中耳炎や、内耳炎の場合は

見えない症状なので気を付けましょう。


目やにが多い場合は、ティッシュで

こまめに拭きとってあげましょう。


耳だれがある時は、

濡れたガーゼで拭きとるといいでしょう。


感染する病気の場合、

拭いた物はすぐに捨てて手を洗って下さい。


目や耳を傷つけないように、

爪を短く切りましょう。


また、赤ちゃんの爪も短く切るようにしましょう。

かいてしまった時に、傷つける恐れがあります。


口で伝えることが出来ない赤ちゃんは、

泣くのがサインですね。


やたらと泣きながら、

かいてたり触っていたら、何かしらのサイン。


そういう小さなことでも、

ママはチェックしておかないといけませんね。

         

症状別の対処法

赤ちゃんに出やすい症状と
その対処法などをあげてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

このカテゴリ内の記事


熱が出てしまった
咳をしている
鼻水、鼻づまりの
吐いてしまった
下痢をしている
便秘
ウンチの様子
ひきつけを起こしてしまった
発疹が出てきた
目や耳の異常







Yahoo!ブックマークに登録