Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種の種類

予防接種の種類

予防接種には、「勧奨接種」と「任意接種」があります。

この違いについて、詳しく説明していきますね。

また、ワクチンの種類についても紹介していきます。


・勧奨接種


予防接種法などにより、受けるようにつとめなければいけません。

ほとんどの方が、予防接種を行っています。


料金は、無料になります。

受け方は、個別接種と集団接種と2種類あります。


対象となる年齢、月齢が決まっています。

その対象時期を逃してしまうと、

有料になってしまう場合があります。


・任意接種


受けたい人だけが、受けるという予防接種です。

料金は有料で、病院によって値段は異なってきます。


受け方は、個別接種になります。


予防接種の種類によっては、年齢制限がある場合があります。

1歳以上ではないといけない、などとありますので確認してみましょう。


ワクチンの種類は、3つありますので紹介しますね。


・生ワクチン


ウイルスや細菌の毒性を弱め、

生きたまま使うものを生ワクチンと言います。

ポリオ、麻疹、風疹、BCGなどが生ワクチンになります。


・不活性ワクチン


ウイルス、細菌を殺し、免疫に必要な分だけを

取り出したものを言います。

百日ぜきなどが、不活性ワクチンになります。


・トキソイド


細菌が出す毒素を取り出し、毒性をなくしたものを言います。

ジフテリア、破傷風などがトキソイドになります。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録