Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種を受ける(任意接種)

予防接種を受ける(任意接種)

・おたふくかぜ


ムンズウイルスを弱毒性化した生ワクチンを

注射で接種します。


副反応は、接種後の2ー3週間の間にある場合があります。

2ー3%の子に発熱や耳の下が腫れたりする場合があります。

また、数千人に1人の割合で無菌性髄膜炎を起こす場合もあります。


・水痘(水ぼうそう)


弱毒性化した水痘帯状疱疹ウイルスを、

凍結乾燥した生ワクチンの注射で接種します。

副反応は、ほとんどありません。


予防接種を受けていても、

12ー15%の子は水痘にかかってしまいます。

ですが、予防接種を受けていることで症状は軽くなります。


・インフルエンザHA(インフルエンザ)


不活性したワクチンを、注射によって接種します。

13歳以下の子は、少量のワクチンを2回に分けて接種します。


副反応では、注射したところが赤くなったり腫れたりします。

また、発熱することもありますが、数日でおさまります。


卵を使ってウイルスを培養してますので、

卵アレルギーの子は接種出来ません。

詳しくは、医師に相談してみましょう。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録