Top >  症状別の対処法 >  咳をしている

咳をしている

咳をしている時の、

赤ちゃんってすごく辛そう…。


でも、少しくらいの咳なら心配はいりませんよ。


部屋の湿度やほこりには注意して、

過ごしやすい環境にしましょう。


咳こんでいる時は、体を起こしてる方が楽なのです。


たて抱きにしたり、

お座りさせて背中をさすってあげましょう。


動き回ってしまうと、咳が止まらない原因にもなりますよ。


咳が激しい時は、

咳のしすぎで吐いてしまうこともあります。


夜間にせき込みそうな時は、

寝る前のミルクなどは控えめにしましょう。


部屋の湿度を保つのってとっても難しいですよね。

そんな時に役立つのが、加湿器です。


空気が乾燥していると、

咳は出やすくなってしまいがちです。


また、加湿器がない人は

部屋に洗濯物を干してもいいでしょう。

濡れた洗濯物で、乾燥を防ぐことも出来ますよ。


クーラーや暖房を使う時期では、

部屋の空気は良くないですよね。


ホコリやたばこの煙、

カビ菌などは咳の大きな原因にもなります。


一日に何回か、窓を開けて

空気の入れ替えも行いましょう。


アロマポットで、ユーカリの成分が入っているアロマをたくと、

そのおかげで喉が痛くなりにくい効果もあります。


趣味のアロマでも、そういったことにも使えますよね。

         

症状別の対処法

赤ちゃんに出やすい症状と
その対処法などをあげてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

このカテゴリ内の記事


熱が出てしまった
咳をしている
鼻水、鼻づまりの
吐いてしまった
下痢をしている
便秘
ウンチの様子
ひきつけを起こしてしまった
発疹が出てきた
目や耳の異常







Yahoo!ブックマークに登録