Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種が受けられない時

予防接種が受けられない時

予防接種は、いつでも受けられるとは限りません。

年齢制限や、受ける時期以外にも受けられない時があります。

接種出来ない時の場合を、お話していきますね。


・医師が不適切と判断した場合


予防接種を受ける時に、医師の診察があります。

その時の問診で、医師が接種出来ないと判断したら

接種は出来ません。


・熱がある時


体温が37.5度以上ある場合は、

予防接種を受けることは出来ません。

また、いつもより熱がありそうな時は受けない方がいいでしょう。


病院や小児科でも、予防接種をする前に体温を計ります。

その前に自宅で朝測ってから、病院に行くようにしましょう。


・ワクチンの成分が体に合わない場合


ワクチンの成分に含まれるもので、

その子によっては合わない体質の子もいます。


ショック症状をおこしたり、

アレルギー反応を起こしたことがある子は接種出来ません。


また、卵アレルギーを持つ子などで

受けられない予防接種もあります。

接種する前に、医師に相談しましょう。


・重い急性の病気にかかっている場合


病気のために、薬を服用している子は接種出来ません。

病気にも影響を与えてしまう可能性があるので、接種出来ません。


必ず、医師に相談しましょう。

自己判断は、絶対に禁物ですよ。


・風邪をひいてる場合


風邪と言っても、「咳や鼻水だけだから大丈夫」ではいけませんよ。

免疫が低下しているので、自己判断はいけません。


予防接種の中には、風邪だけでも接種出来ないものもあります。

熱がなくても、必ず医師に相談しましょう。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録