Top >  事故とケガの応急処置の仕方 >  誤飲・誤食・のどにつまった

誤飲・誤食・のどにつまった

赤ちゃんは、何でも口に入れてしまうのは

当たり前のことです。


何か口に入れた、飲んだと思ったら

まず何を飲んだか判定しましょう。


飲み込んだ物によって、

対処法が変化していきます。


まずは口に入れた物と量を、

確かめていきましょう。


小さいボタンやビー玉などは、

便と一緒に出てくることが多いです。


様子を見ながら、後からの便を確認しましょう。


医薬品、化粧品、煙草、酒、

シャンプーなどの誤飲は吐かせます。


飲んだ物の濃度を薄めるために、

水などを飲ませてから吐かせます。


防虫剤などを誤飲した場合、

牛乳などは飲ませてはいけません。


吐かせ方は、赤ちゃんをさかさにつるし、

背中を叩きます。


赤ちゃんが重くてつるせない時は、

立て膝の上にうつ伏せにします。


そして背中を叩いて吐かせ、

吐かせたら病院へ行きましょう。


漂白剤、トイレ用洗剤、ガソリン、

カビ取り剤、ボタン型電池、殺虫剤

こういった物は、吐かせてはいけないものです。


強酸性や強アルカリ性、

灯油などの揮発性の物はのどの粘膜を痛めます。


先の尖った物、平べったいものも

吐かせないで、病院へ行きましょう。


誤飲・誤食などは、

本当に危険なので気をつけて下さい。


状態によっては、救急車を呼ぶ必要もありますよ。

         

事故とケガの応急処置の仕方

赤ちゃんは成長するにつれて、
事故やケガがつきもの。
歩けるようになるまで、ケガもたえません。

そんな時の処置の仕方を、紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


赤ちゃんの事故とケガ
頭を打った
誤飲・誤食・のどにつまった
やけどをした
日射病・熱射病
おぼれてしまった
鼻・耳・目に異物が入った
ひじが抜けた・骨折・ねんざ
事故とケガでのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録