Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種の変更について

予防接種の変更について

昔と今では、予防接種の違いがあります。

昔はこの予防接種があったのに…何で今はやらないの?

そう思ったことがある人も、中にはいると思います。


・日本脳炎


今までは勧奨接種の一つでもあった、日本脳炎です。

2005年から、積極的勧奨が控えられることになりました。


日本脳炎ワクチンによって、重篤な健康被害があったそうです。

ですが、日本脳炎が流行っている地域へ行く場合などは

接種出来るそうです。


今現在では、リスクの低いワクチンを開発中だそうです。

新しいワクチンが出来れば、

また勧奨接種として再開される予定です。


・BCGはツベルクリン反応が廃止


2005年の結核予防法の改正により、

直接BCG接種が行われるようになりました。


また、予防接種の期間も変更になりました。

昔は4歳未満だったのが、

生後6ヵ月未満と早い時期に接種出来るようになりました。


・麻疹と風疹は二種混合


2006年4月から、麻疹と風疹は二種混合(MRワクチン)になりました。

そのおかげで、一度の接種で済むようになりました。


1期は1歳ー2歳までの間に接種します。

2期は、小学校入学前の1年の間に接種します。


上の子の時はこだったのに…なんて思うママ達いませんか?


年月と共に、予防接種なども変わっていきますので、

きちんと知っておきましょう。

また、各団体などから届くお手紙もきとんと読んでおきましょうね。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録