Top >  予防接種は、必ず受けよう >  予防接種とは…?

予防接種とは…?

予防接種とは、発病しないように処理したウィルスや細菌を

体に入れることで、人為的に免疫をつけるためのものです。

また、ワクチンとも言います。


予防接種は、大きく分けると2つに分けることが出来ます。

接種しなくてはならない、「勧奨接種」があります。

また受けたければ受けるという、「任意接種」があります。


予防接種を受けたからって、病気にかからないわけではありません。

事前に、大きな病気にかからないようにするためでもありますが、

病気にかかったとしても、症状を軽くするために受けるためのものです。


予防接種によって、副反応という症状が出る場合もあります。

受ける前に、しっかりと内容を確認する必要がありますね。

接種当日も、医師の指示通りに行いましょう。


最近では、インフルエンザが流行していますね。

予防接種をしていても、かかっている人も少なくないようです。

でも、症状を軽く抑えることが出来ます。


インフルエンザが流行する時期の前に、接種しましょう。

接種するために病院へ行ったら、

他の風邪をもらってしまったなど多いようです。

         

予防接種は、必ず受けよう

予防接種を受けることで、防げる病気もあります。
赤ちゃんの場合は、必ず受けなければいけない
予防接種があります。

詳しく説明しますので、ぜひ参考にして下さい。

このカテゴリ内の記事


予防接種とは…?
予防接種の種類
予防接種を受ける(勧奨接種)
予防接種を受ける(任意接種)
予防接種が受けられない時
予防接種の変更について
予防接種前後の注意
予防接種でのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録