Top >  事故とケガの応急処置の仕方 >  やけどをした

やけどをした

やけどは、親の責任といっても

おかしくはありません。


一生、傷が残ってしまう可能性もあり

後悔しきれません。


ママやパパが、十分気をつけてあげなくては

いけない所でもあります。


やけどは、炊飯器の蒸気やストーブ、

味噌汁など身近にある危険です。


やけどをしてしまった場合、

まずは冷やすことが一番大事です。


やけどの冷やし方は、色々な方法があります。


たとえ寒い時期でも、

ためらわずに冷やすことが大事です。


20分くらいは流水に当てて、

患部を十分に冷やしましょう。


水道水を出しっぱなしにしてもいいですし、

シャワーでもかまいません。


冷やし続けることが大事ですので、

痛みが取れるまで冷やしましょう。


また、氷水を入れた洗面器に

患部を浸けていてもかまいません。


水に浸けにくい場所であれば、

氷水で冷やしたタオルでもいいでしょう。


とにかく、冷やし続けて下さい。


ひどいやけどの場合、

肌に服が貼り付いてしまうこともあります。


無理に服を剥がさずに、

服の上から水をかけましょう。


冷やした後は、しばらく様子を見ます。


水疱が出来たら、病院に連れていきましょう。


水ぶくれが出来るということは、

やけどの状態がややひどい場合です。


流水で冷やした後、病院で見てもらいましょう。


赤ちゃんの場合、皮膚科や小児科か悩む事がありますね。


そういう場合は、小児科でも皮膚科でも外科でもかまいません。

どこででも、診察してくれますよ。


大きなやけどの場合、

範囲が広いほど重症になってきます。


乳幼児の場合、からだの10%以上やけどすると

命の危険があります。


そういった場合は、すぐに救急車を呼びましょう。


救急車を待ってる間も、

冷やし続けていましょう。


濡らしたバスタオルやシーツで、

やけどしている箇所をくるんでおきます。

         

事故とケガの応急処置の仕方

赤ちゃんは成長するにつれて、
事故やケガがつきもの。
歩けるようになるまで、ケガもたえません。

そんな時の処置の仕方を、紹介していきますね。

このカテゴリ内の記事


赤ちゃんの事故とケガ
頭を打った
誤飲・誤食・のどにつまった
やけどをした
日射病・熱射病
おぼれてしまった
鼻・耳・目に異物が入った
ひじが抜けた・骨折・ねんざ
事故とケガでのQ&A







Yahoo!ブックマークに登録